スポーツ整体師が教えるスポーツとメンタル①

スポーツとメンタル 1/5

スポーツ整体師として多くのクライアント様のケガ予防、体力向上、技術向上を目的としたアドバンスをしてきました

しかし、それだけでは「自分の持っている全ては発揮できません」

あなたは、スポーツするとき「自分の持っている全てを発揮」したいと思いませんか??

続きを読む スポーツ整体師が教えるスポーツとメンタル①

野球肩・野球肘の治療

野球肩・野球肘の治療

 

当院では、野球肩・野球肘に対して

まず、フォームチェックをしています

 

この、ロープトレーナーを使って運動学、機能解剖的に負担のかからないフォームのアドバイスをさせていただいております

 

また、痛みの程度が強い選手に対しては定電流治療器AAPを使用しています

(病院を数件行っても改善しなかった山鹿から来る小学生6年生の野球肘もこの定電流治療器AAPを使って3回の来院で改善しました)

 

野球肩・野球肘でお困りの方は、熊本市中央区水道町にある、

てとり整体院へご相談下さい

 

スポーツ整体師が教える正しい歩き方

スポーツ整体師が教える正しい歩き方

・腰痛
・股関節痛
・膝痛
・坐骨神経痛
の多くの方は、正しく歩けていません

動画を参考にしてみて下さい

続きを読む スポーツ整体師が教える正しい歩き方

「柔らかい人必見」開脚の正しい方法

開脚できると、羨ましいですねっ!

今回は、開脚の正しい方法をご紹介いたします

バレエ・ダンス・野球などの競技で必要な開脚ですが、正しい方法でしないと

腰痛を悪化させたり、股関節を悪くすることがあります

是非、参考にしてください

続きを読む 「柔らかい人必見」開脚の正しい方法

体幹強化専門トレーニング始めました

あなたに、お聞きしたいことがあります。
なぜ、あなたは体幹トレーニングをしているのですか??

・スポーツのパフォーマンスを向上したいから
・体をブレないようにしたいから
・当たり負けしないような体がほしいから
・ケガ予防になると聞いたから
・腰痛改善のため

上記いがいにも沢山の理由があると思います。

しかし、毎日のように体幹トレーニングをしていて、本当の意味で効果が出ていますか??変化を感じられていますか??

もし、あなたが体幹トレーニングは必要だと思っているのでしたら、読み進めて下さい

あなたは、『体幹』と聞いてハッキリとココだと答えられますか??

なんとなく、お腹まわり??
胴体まわり??

正確には、ほとんど知られていない体幹の場所・・・

あなたは、スクワットなどトレーニングをしている時には、動かしている筋肉を感じながらトレーニングしていませんか??

体幹トレーニングの時にも同様に感じることが大切です。

ただ、なんとなくこの辺りだと思ってトレーニングをしていると効果がなく体幹が強化されません。

まずは、体幹はココだとハッキリ理解することが必要となってきます

体幹=インナーユニット

インナーユニット?聞いたことがあるでしょうか??

インナーユニットとは4つの筋肉で構成されています。
・横隔膜
・腹横筋
・多裂筋
・骨盤底筋

この4つの筋肉を強化するトレーニングが体幹トレーニングなのです

インナーユニットの機能は主に背骨(姿勢)の安定です

スポーツ時に背骨が安定すると
・投球時などに下半身の力がロスなく上半身に伝わる
・切りかえし時に踏ん張っても体が流れない
・接触プレーの時に体がブレなくなる
・腰部への負担が減り腰痛予防になる

この他、瞬発力も向上します

これらの効果を出したいのであれば、インナーユニットを鍛えるような体幹トレーニングが必要です

インナーユニットのトレーニング方法

まず最初に覚えて欲しいトレーニングは・・・呼吸です

その中でも、息を吐くではなく…吸うです

しかも、お腹を前後左右に押し出しながら鼻で吸いこむことです

息を吸いこみながら、お腹を前後左右に押し出すことで体幹は強化されます

これが出来ないなら、これから先に行う体幹トレーニングは効果が発揮されにくいです

なぜ、息を吸うことが大切なのか・・・

それは・・・インナーユニットを含めた体の構造にあります

上記の図は、インナーユニットを表しています(外側の赤い線がインナーユニットです)
インナーユニットの中身は空洞で、中には内臓があります

インナーユニットを柔らかいボールとして考えると、どうしたらこの柔らかいボールが硬くなると思いますか??

そうです

空気を沢山入れれば硬くなります

体も同じで、鼻で息を吸ってお腹を前後左右に膨らますことでインナーユニットが強化されます

この呼吸を習得してから普段している体幹トレーニングをすると体幹トレーニングの効果が発揮されます

ぜひ、お試しください

筋肉トレーニングとスポーツトレーニングの違い

スポーツの世界では、様々なトレーニング理論があります
当院では、筋肉トレーニングをするのではなく、各スポーツに合ったトレーニングが必要だと考えています

続きを読む 筋肉トレーニングとスポーツトレーニングの違い

野球肘・野球肩の予防

野球肘・野球肩の原因

1、フォーム
(手投げ・スピードを重視する投げ方)

2、年齢別での投球数

この2点が大きく関係します

最近では、特にスピードを強化するために、テイクバック時に肘を後ろに引きすぎたり、胸より肘の位置を先行させて投げているピッチャーが多くいます
(いわゆる肘先行型の投げ方です)

続きを読む 野球肘・野球肩の予防

野球肩とスポーツ整体

野球肩

投球動作による痛みのパターン

ワインドアップ期
・ 投球動作に入るまでの動作
・下半身が主導なので肩の障害は起きない

コッキング期
・ ボールを持った手が最大に後ろにある(外旋、外旋)時期の動作
・肩関節の後方への運動により、肩の前方の筋肉、三角筋や上腕二頭筋が引っ張られる

このため、上腕二頭筋長頭炎やインピンジメント症候群、腱板損傷が発生しやすくなる

アクセラレーション期(加速期からリリース期)
・ 加速期はボールの投げはじめからボールを手放すまでの動作
・ リリース期はボールが手から離れて、腕の動きが急に減速される時期までの動作
・この時期は最もスピーディーな動作が行われる。肩関節は内に捻じられ(内旋・内転)腱板損傷や肩峰下滑液包炎、インピンジメント症候群が発生しやすくなる。

また、小児においてはリトルリーグ肩を発生させる

フォロースルー期
・ ボールを投げ終えて投球動作が終わるまでの動作
・腕が前方に振り出されるため、腱板や肩の後面が引き伸ばされ、上腕三頭筋炎や肩関節後方の関節包や関節唇を損傷しやすくなる(ベンネットリージョン・スラップリージョン)

熊本で野球肩・野球肘に悩みの方は、一度ご相談ください。

スポーツ整体と野球肘について

スポーツ整体と野球肘

野球肘の原因は、投げ過ぎのオーバーユース(使い過ぎ)や肘関節を酷使しての疲労、フォーム(リリース時に体が開くなど)、変化球の多用(特にカーブ)などで起こると考えられています。

詳しくは動画をご覧ください

練習日数・時間の目安

小学生:1日2時間の練習・1週間に3日の休養日

中学生・高校生:1週間に1日以上の休養日

全力投球数
小学生:50球/日、200球/W

中学生:70球/日、350球/W

高校生:100球/日、500球/W

試合の翌日はノースロー

投げ込みの翌日は投球数を減らす

1日2試合の登板は禁止

※日本臨床スポーツ医学会整形外科学術部会編:野球障害予防ガイドライン、文光堂、東京、1版、1998:p219

最後に

肘が痛い選手でも試合には出たいし、親も監督も出てもらいたい.しかし、いったい誰が《試合に出ない》というブレーキをかけるのか??

間違いなく、これは親御さんの仕事だと思います。
・子どもの将来を壊していいのか?
・大人になった時に障害が残ってもいいのか?
・そもそも誰のための野球か?

私は子どもさんにとって常にベストな選択をして頂きたいと思います。

熊本県熊本市でスポーツによる野球肘、野球肩、シンスプリントでお困りの方は、てとり整体院までご相談ください。

からだの特性知っていますか??

人には、力の入れ方のタイプが2つあります。。

このタイプが間違っていると、力がうまく入らずトレーニングや練習の効果が発揮されにくくなります。

例えば、野球でいうならピッチングやバッティングは人によってフォームはさまざまです。

それは、人によって力の入るタイミングや体勢が違うからです。

続きを読む からだの特性知っていますか??